これまでに一度も遺産相続を経験したことはない人は被相続人に財産があると分かった段階で、必ずしも相続人として相続放棄はできないと思っているような部分もあるでしょう。
遺産相続というのは実際に経験してみなければわからないことはたくさんあります。
もちろん興味があり、自分で調べれば調べるほどにたくさんの知識を持つことができるのですが、ほとんど知識のない状態で初めて遺産相続を行うと本当にわからないことばかりで精神的にも疲れてしまうといわれています。

実際に相続問題が発生した時には絶対に相続しなければならないというわけではなく、複数の選択肢があります。

◼︎相続問題に関わりたくないときには放棄する

遺産相続問題について自分自身が相続人として少しの相続も受けなくて良いといったケースや、相続協議そのものに関わりたくないと思っているケースでは相続の放棄をすることができます。
この相続の放棄というのはプラスであっても被相続人が残した借金などのマイナス分であっても、この全てを完全に放棄するということになりますので遺産についての相続分割協議にも参加する必要がありません。

しかし、どんなにたくさんの財産が残っていたとしてもその一部さえ受け取ることができなくなってしまいます。
それでも良いと思っているのであれば相続の放棄をすることができますが、この相続の放棄というのは被相続人が亡くなり財産があったとしてから3か月以内に放棄の手続きをする必要があります。
また、相続の放棄をすることを他の相続人もすべて知っていなければならず、その上で相続の放棄をすることになっています。
単に関わりたくないから他の相続人で勝手にやってくれと口で言うだけではなく、手続きをしなければなりませんので相続問題について専門家に依頼するのであれば、その時点で税理士さんなどの専門家にしっかりと告げた上で手続きを行うようにしましょう。
手続きの方法がわからなければ専門家が詳しく教えてくれます。

◼︎マイナス部分があるときには限定承認がベスト

プラスとなる財産だけではなく被相続人が借金を抱えていたり税金の未払額があるケースではこのようなマイナスそのものも相続人は引き受けなくてはなりません。
そのため、こうしたマイナスを引き受けるのは苦痛でもプラスになる財産が少しでもあるといったケースでは、限定承認を行うのが良いです。
限定承認を行えばプラスの中からマイナスとなっている負債を相殺した上でなおかつプラスが残っていればこのプラスを受けることができます。

万が一プラスよりマイナスの方が多いといったケースでもプラスを超えるマイナス部分での支払いをする必要はありませんので、相続人のデメリットになってしまうことがありません。
被相続人がどれだけの借金を残しているのか分からないなどといったケースでは非常に有効な手段となっています。
こちらの限定承認に関しても上記の相続放棄と同じく財産があると分かった時点から3ヶ月以内に申請する必要がありますが、限定承認というのは、相続人が1人だけが行って良いものではなく、すべての相続人が限定承認を行わなくてはなりませんので、限定承認を行いたいと考えているのであれば、他の相続人としっかり相談した上で全員が限定承認を行うための申請手続きを行える必要が出てきます。

◼︎全てをまるまる引き受ける単純承認

上記以外に最もオーソドックスと言えるのが単純承認となります。

これはプラスの部分もマイナスな部分も全てを引き受けると言った相続方法になっており、特にマイナスと思われる部分がないといったケースや被相続人が残したマイナスの部分までしっかりとした弁済を行っていくという意思があれば単純承認を行うのが良いでしょう。
また、上記した2つの限定承認、そして相続の放棄を3ヶ月以内に行わないと法律的には単純承認をしたものとみなされてしまいますのでその後、被相続人の借金などが発覚した場合には単純承認として相続人が支払っていかなくてはならないといっな決まりがあります。

そのため、財産があることが分かってからできるだけ早いうちにどのように相続をするのかといった部分での選択肢を考えていく必要があります。